CALENDAR
07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリー
ライオンズ関連
詳細成績
試合速報
スポーツ新聞
放送局
球場の天気
西武ライオンズ観戦記blog
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングへ


○5月8日(火) 楽天5 vs 10西武 ~フルスタ宮城~

[[試合結果]]
http://www.seibulions.jp/schedule/score/20070507.html

今日の先発は涌井と田中。

攻撃は初回、義人のフォアボールから中島の右方向への見事なツーラン。
このホームラン、中島らしい右方向に叩き込む
見事としかいいようがない当たりだったっすねー。
強さと巧さを兼ね備えた、
NPB最強の右打者としてへの道を着実に歩んでる感じがします。

2回には中村がこれも中村らしい緩い球を強く叩くホームラン。
2打席目のサードライナーも含めて少し復調傾向かなと。

涌井の方は4回まで殆どつけ込む隙を与えない完璧なピッチング。
しかし、5回表センター方向に打球を集められて3連打で無死満塁。
ここからツーアウトにするも、鉄平に前進守備の外野の頭を越される
走者一掃のタイムリーツーベースで3-3の同点。

しかし、その直後の6回表、栗山のフォアボールから
GGがスライダーをうまくさばいて右方向へのヒット。
そこから細川がレフトのグラブの横を抜けるタイムリーツーベースで5-3。
あとは楽天のリリーフ戸部を打ち込んで、
GGの一発、カブレラの2本のタイムリー等で10-3。

涌井は9回裏に山崎にホームランを喰らい10-5。
うーん、このホームラン、大勢には影響ないんすけど
防げたような気がするんすよねー。
あそこまで露骨な真っ直ぐ待ちの山崎に真っ直ぐで勝負する必要はなかったかと。
それとも細川は3球目の空振りをブラフだと判断したんすかねえ。


いずれにしろ涌井で初戦を取って快勝。

この交流戦までの飛び飛びの日程での9試合。
あとあと考えると、優勝するためには
この緩い日程の時に出来るだけ貯金をしたいというか。
出来うることなら8勝1敗or7勝2敗で乗り切りたいっす。

現状、夏場以降のタイトな日程で大幅な貯金を見込むのが難しい以上、
ここが貯金を増やす大きなチャンスかと。

そのためにも明日も勝って大幅貯金の足がかりにしたいっすね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

人気blogランキングへ


コメント

勝手にリンクしました


取りこぼしのないように一戦一戦をしっかり取って行きたいですね。
岸もガンバレ。
ところで勝手にリンクを貼らせていただきましたのでお知らせします。


  今日は岸で連勝と行きましょう♪ 今年の新人王は誰がなんといおうと彼で間違いなし!!!
  • 2007/05/09(水) 10:48:18 |
  • ライナ兄 #-
  • [編集]


rs422aさん。

そうですね。全く同感です。一戦一戦しっかり戦って欲しいです。
リンクの方は大歓迎ですので、ご自由によろしくお願いします。


ライナ兄さん。

岸の新人王、意外にライバルが多いですね。
もちろん自分も岸に新人王を取って欲しいです。
  • 2007/05/09(水) 22:32:34 |
  • ブログ主 #-
  • [編集]
コメントする

管理者にだけ表示を許可する
| ホーム |
 
この記事のトラックバックURL

◆T1-7G◆ゴールデンウィーク全敗に終わり、挙げ句の果てにシャア少佐が登録抹消となるなど、重苦しい雰囲気の阪神。地元・甲子園で宿敵・巨人を返り討ち、流れを変えたい所だったが、初回から、一死一、二塁のチャンスを逃す嫌な立ち上がり。すると、直後の2回、先発
2007/05/08(火) 23:50:40 | ANQ Ritzberry Fields
2007/5/8 第36戦 vsイーグルスE 5 - 10 L勝 涌井6勝1敗負 田中2勝2敗HR 中島3号 中村2号 G.G.佐藤9号今日の心配は涌井さんが西口さんのマネっこするんじゃないかということ。でもそんな心配は無
2007/05/09(水) 00:30:28 | ぐだぐだだけど。
佐藤友亮以外は先発全員安打。初回から中島が2ランホームラン。2回には珍しく中村もホームラン。ランナーいるときも打てよ。5回裏に同点にされるが、直後の6回表に2点を勝ち越し。さすがに一軍半クラスの投手が相手の時は強い。7点差がついた9回裏。不可解な涌井続投。防御
2007/05/09(水) 05:19:56 | EIA(米国電子工業会)のシリアル伝送標準とは無関係です
ATTENTION

トラックバック大歓迎です。
気軽にトラックバックして下さい。

ただし、記事内容に無関係な記事からのTBや ニュースをコピーしただけの記事からのTBは、 当方の判断で削除させていただきますので、 申し訳ありませんが、御理解&御了承下さい。

最近の記事
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。